冷え性はどんな人に起きるのかについて解説します。

冷え性で悩んでいる人はかなりの人がいると言います。最近では男性でも冷え性の人がいるという話も耳にしますが、やはり多くの場合は女性に多いというのが特徴のようです。

そんな女性に多い冷え性になる人というのはどのような人なのでしょうか。冷え性になるということは熱が不足していることと等しいことです。つまりエネルギーが不足しているということにもなります。具体的には胃腸が弱く食が細い人、ダイエットを行っていて食事制限を行っている人も該当するでしょう。食事が偏っていたり食生活が不規則となっている人も正常にエネルギーが作られない可能性もあります。

ひごろから運動不足となっている人にも冷え性の傾向は強いようです。つまり体中に血液が上手く循環しないためです。

そういう意味では貧血持ちの人や低血圧の人や姿勢が悪い人などにも同じようなことが言えるかと思います。冷え性になる人はこのようにいろいろなタイプの人がいますが、中には自分で気をつけたり、生活習慣を改善するだけでも冷え性を解消できる可能性の人も結構いるということが言えるのです。

冷え性改善

疲労回復に効果的な飲み物

仕事や勉強、家事や育児、激しい運動などの後は、疲れが溜まりやすくなってしまいます。若いうちであれば、寝てしまえば疲労も回復され次の日も元気に過ごすことができますが、年齢を重ねていくと寝るだけでは疲労回復しにくくなってしまいます。

疲労回復に効果的な飲み物といえば、水素水があげられます。水素には脳や筋肉を使うことで作りやすくなってしまう活性酸素を除去する働きがあるので、水素水を飲むことで疲れの原因でもある活性酸素を排出できるため疲労回復へつなげることができます。

水素水には代謝を促進する働きがあるので、ダイエット効果も期待できる飲み物です。他にも、お茶やコーヒーも疲れをとれる働きがあります。カフェインが含まれていることで交感神経を刺激してくれるため、疲れを解消しやすくなります。即効性もあるので、ほっと一息つきたい時に飲むと良いでしょう。そしてビタミンCやクエン酸なども疲労回復しやすいので、ビタミンCやクエン酸が多く含まれているレモンをはじめとする柑橘系のジュースを飲むのも良いでしょう。

疲労回復サプリ

ワキガじゃなくても肌着が黄ばむのにはどんな理由?

洋服の脇部分が黄色いシミになっているとワキガの可能性が高いといわれています。

しかし、ワキガ以外でも脇が黄ばむ場合があります。たとえばデオドラント剤の影響です。脇の臭いが気になる人は、定期的にデオドラント商品を使うでしょう。すべてのデオドラント剤が黄ばみの原因ではありませんが、人によって洋服が黄ばんでしまうデオドラント商品があるようです。

 

そのため、デオドラント剤の使用をしている人は、ワキガ黄ばむ場合があります。もしワキガかどうか気になった場合は、デオドラント剤の使用を一時的に辞めてみましょう。黄ばみが改善されたら、デオドラント剤が原因の黄ばみです。

また、通常の汗が黄ばみに見えてしまうかもしれません。ワキガの黄ばみは、わかりやすい黄色になっています。汗はあくまで汗ジミですが、汗によるシミが悪化すると、うっすらですが黄色くなってしまう場合があるのです。汗ジミの色が濃くなったのを、ワキガの黄ばみと勘違いするパターンもあります。そのため、ワキの黄ばみだけでワキガかどうかを判断するのは難しい事なのです。

ワキガ 原因

高齢者の関節痛の予防について

歳を重ねるごとに膝が痛いなどの関節痛に悩まれる方も少なくありません。
関節痛は高齢者の方であれば、ほとんどの方が症状を感じており、その症状の多くが関節軟骨の摩擦が原因です。
こういった症状は、変形性膝関節症です。
関節痛や変形膝関節症の辛い痛みを避けるためには、なる前から予防することが最も重要になります。
変形膝関節症は、放っておくと悪化してしまうだけでなくストレスの原因ともなっていまうので注意が必要です。
体重が重い方や姿勢が悪い方、同じ動作を繰り返す職業の方などは、早期に対応しましょう。
まず、予防として簡単にできることが、関節周りの筋肉を鍛えることです。
関節や膝周りの筋肉を鍛えることで膝への負担を減らして膝の痛みを予防することができます。
また、肥満を改善することも大切です。
体重が増加してしまうと膝への負担も大きくかかってしまいます。
肥満を解消するためには、毎日バランスのとれた食事を取ることや運動を行うことが大切です。

関節痛 サプリメント

ウォーターサーバーを水代と電気代で比較すると

美味しいお水が毎日飲めるということで、最近人気なのはウォーターサーバーです。会社や家庭に一台あると、本当に助かりますよね。ウォーターサーバーを選ぶときは、まず水を比較することとでしょう。天然水なのかRO水なのか気になるところです。次に費用です。ボトルで購入するので費用がわかりにくくなりがちですが、1リットルに換算するといくらになるのか比較してみると良いでしょう。メーカーによっては、ホームセンターなどで購入したほうが安いということもあるでしょう。ただその場合、ホームセンターまで重い水を買い行く手間も考慮する必要はあります。

また、費用は水代だけではありません。電気代も発生します。ウォーターサーバーは水を冷やす機能と、暖める機能が付いていますので、電気代もそれなりにかかると想像できますが、この点に関しては各メーカーかなり頑張っていて、月350円というのが最安値で、月500円~600円が平均、高いところだと月1000円というメーカーもあります。

ウォーターサーバー 赤ちゃん