カテゴリー別アーカイブ: 更年期障害

若年性更年期障害の平均年齢

若年性更年期障害の平均年齢は、20代~30代で、最近は特に若い女性が増えています。更年期障害の平均年齢は50歳前後で、日本人女性の場合、51歳が多いというデータがあります。この年齢に閉経がやって来るので、なりやすいのです。通常閉経の前後5年間の期間になりやすく、更年期障害は46歳~56歳までの間になるのが一般的な年齢です。

一方、若年性更年期障害は、まだ閉経の年齢に達していないのに、更年期障害のような症状が現れます。まだ閉経するには早い年齢の20代、30代の人に、更年期障害のような症状が出現します。更年期障害は、早い場合、40歳前後から症状が見られるようになりますが、若年性更年期障害の場合、20代~30代で更年期の症状が見られるようになります。

これは閉経が直接の原因ではなく、生活習慣や健康状態の乱れが大きく関与しています。ホルモンバランスの乱れが大きな原因と言われています。過度なダイエット、ストレス、不規則な生活習慣、食生活の乱れになどから、若年性更年期障害が起こることがあります。

過度なダイエットをして栄養不足に陥ると、20代でも十分起こりうるので気をつけないといけません。

更年期障害を軽減するための知識